梅雨が明けてから例年になく暑い日が続いています。熱中症アラートも続いていたので気になって調べてみました。総務省消防庁の発表では、熱中症による救急搬送人員数は、先週は全国で1万2千人を超えているとのこと。東京都内では過去最多の死亡者数などと悲しいニュースも見ました。今年の暑さは異常ですよね。

 

熱中症対策といえば、水分をこまめにとる、塩分をとる、クーラーを上手に使うなどが思いつくと思います。オススメの方法をお伝えしますね。

 

まず塩分ですが、種類があるのはご存知ですか?精製塩と天然塩があり、予防のためにとるなら断然天然塩を選んでください。精製したものはほぼナトリウムですが、天然の物には、ナトリウム、マグネシウム、カリウムなどが含まれています。汗を大量にかくと、私たちの身体からこれらのミネラルが不足します。天然塩の方がミネラルが豊富なので補えますね!

 

水分も何を選ぶかはとても大切です。症状が出た時はスポーツドリンクもいいのですが、予防のために普段からとっていると糖分が過剰になってしまいます。過剰な糖分は様々な不調を招きますので注意してくださいね。最近メディアでも注意喚起していましたが、水を飲み過ぎると水中毒という症状が出ることがあります。

理想は水分とミネラルを一緒に補うこと。そこで、予防のためにお勧めしたいのは出し汁です。きちんとお出しをとるとミネラル満点のスープになりますよ!他にも、水分と塩分と糖分のバランスが良いと言われている糀甘酒もオススメ。うちでは、甘酒を砂糖の代わりに使ったり、果物と甘酒を凍らせてアイスにしたりしていますよ。

夏は素麺などあっさりしたものを選びたくなりますが、ミネラル豊富な玄米や雑穀米、お味噌汁、海藻類や豆類、梅干しなどを摂って、夏バテ予防、熱中症予防をしてくださいね。

 

最後に、鼻呼吸は細菌やウイルスの侵入を防ぐだけではなく、暑い季節には脳を冷却する働きもしています。クーラーで快適な環境を整えることも大切ですが、鼻呼吸をすることも同じように重要です。新型コロナでマスク着用と言われていますが、暑い季節はマスクをしていると熱が籠ってしまい危険を伴うこともあります。必要に応じて外すなど身体の調子をみながら付けてくださいね。

 

 

 

毎年この季節がやってきました!梅の季節です。出産後で忙しかった時を除けば、だいたい毎年作っている梅干し。

10年ほど前に、雑誌に載っていた分量で作ったら美味しくて美味しくて!それまで梅干しはあまり食べなかったのに、一気に大好きになりました。

 

中国では、まだ熟していない青梅を燻製加工したものを烏梅と言い、薬として使っています。

性味は平・酸、帰経は肝・脾・肺・大腸、効用は生津・止咳・止瀉下痢など。のどの渇きを取り、咳を止め、消化を助け下痢を止める。他にも、酸味がある物には収斂といって、出すぎるものを止める効果があります。これからの汗をよくかく季節にオススメの食材です。クエン酸は疲れにもいいですしね!

 

今年は、3kg梅干しを作ります。

水につけてアクを取り、きれいな布巾で拭きながらヘタを取ります。この時の梅の優しい香りが好き。

梅を度数の高い焼酎、塩の順に絡め、焼酎で殺菌したホーローの容器へ。途中、塩をまぶしながら梅を敷き詰めていきます。塩の量は3kgに対し、全部で330gです。

梅を並べて平たい皿をかぶせ、その上におもりを載せて涼しい冷暗所へ。これで梅酢が上がってくるのを待ちます。この梅酢も調味料として使えますよ。

 

一週間後に、赤紫蘇を揉んで加えて、来月は3日間の天日干し。

今年も美味しく出来るといいな。

1

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM