雨が続きますね。ジメジメと湿度も高くなってきて身体だけではなく気分もどんよりしてきませんか?

 

自然界には「六淫(りくいん)の邪」といって人体に悪影響を及ぼす気候変化があります。自然現象には風・寒・暑・湿・燥・熱の6つがあるのですが、1年の中で梅雨に強くなり人体に悪影響を及ぼすのが「湿邪(しつじゃ)」です。

具体的にどのような症状が出るかというと、身体がだるい、頭重感、胃が重い、食欲不振、軟便、便がすっきりでない、尿の出が悪い、むくみ、湿疹、皮膚がジュクジュクしやすいなどです。この時季に悪化するめまい、腰痛や膝痛、頭痛、吐き気などにも関係しています。

みなさん、思い当たる症状はございませんか??私は、湿邪の影響を受けやすいので梅雨は苦手です。うちのスタッフにも苦手な者がいるので、朝のあいさつが「湿度高いね〜。だるいね〜。」なんて日もあります。

なので、オリジナルで「黒豆はとむぎ茶」を作ってしまいました!!黒豆もはとむぎも水の代謝を良くするんですよ。私たちも毎日飲んでいます。ご来店いただいた方にお出ししているので、ぜひお店にお越しの際は試してみてくださいね!美味しいです。

夏の養生と食養生も店頭で配布しています。梅雨時期にオススメの食材なども載せてありますのでお読みください。

 

夏は食欲が落ち、冷たい物や口当たりのよい物に手が伸びがちです。暑くなるとお酒も増えるかな?そのような食事が続くと胃腸を弱らせ、身体の中からも湿邪を発生させてしまいます。この場合は症状が長引き夏バテや秋の不調を招きますので注意してくださいね。

 

フタキ薬局ホームページはこちら…https://kirindou.com

春になりましたね〜。春は草木も彩り豊かになり、気候も暖かく出かけたくなります。新生活がスタートする方は新しい出会いもあり楽しみですね。体調を万全にして素敵な毎日を満喫したい!しかし、春は不調が出やすい時季でもあるんです。。。。

 

春は肝(かん)の季節といわれています。漢方で肝とは肝臓のことではなく、身体の生理機能をスムーズにさせているもの、今でいう自律神経のような働きをしています。春はこの働きが乱れてしまうので、ストレスを受けやすくなったり、イライラやゆううつ感などの精神不安や、頭痛や肩こりなどの痛みや張りが出てきます。また、肝の乱れは胃腸の働きにも影響するので、食欲にムラが出てきたり、便がスッキリ出ないなどの不快な症状が出てきます。

今年は、3月の早い頃から暖かくなり、春が早いなぁと思ったら急に気温が下がったりと天候に波があり、一日の内でも寒暖差が激しかったりと、外気のストレスも加わっているので、例年以上に肝の不調を訴える方が多い印象があります。

 

風も強いですよね!自然界には六淫(りくいん)といって人体に悪影響を及ぼす気候変化があるのですが、春に強くなるのが風邪(ふうじゃ)です。身体を守る気(エネルギー)の力が弱ると身体に入り込み不調を招きます。この時期、花粉症でお悩みの方も多いのではないでしょうか。花粉症も春の風邪(ふうじゃ)が関係しています。他にも、かゆみ、のぼせ、めまい、ふるえなど、風の性質(揺れる、震え、フワフワする)を持つ症状が現れます。

 

春の不調が辛いようならぜひ相談して下さいね!漢方薬が助けてくれますよ♪店頭では、春の養生や食養生をお配りしています。春に取りたい食材なども紹介していますので、ぜひ参考にして下さいね!

 

春の養生

 

 

遅ればせながら…。あけましておめでとうございます。

フタキ薬局では、毎年、今年の一文字を決めております。

今年は「安」。「安」には、「穏やか」「落ち着く」「安らか」などの意味があります。この一年が皆さまにとって、「穏やか」な年となりますように。「落ち着いた」雰囲気の中、「安心」して相談できる店を目指して、今年もスタッフ一同、皆さまの健康と美容のサポートができるよう励みたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、風邪が流行ってきましたね。昨年の夏の猛暑、その後の寒暖差で、気(エネルギー)の不足が続いているところに、ここ最近の空気の乾燥。例年に比べて湿度が低く、さらに暖房で乾燥しと、呼吸器は弱りやすくなっています。乾燥と寒さ。この時季は風邪が流行りやすいですね。

 

”風邪には葛根湯”と覚えている方も多いと思うのですが、風邪の漢方薬は、皆さんが思っている以上に沢山あるんですよ!私が漢方を学んでいて”すごいなぁ”と感じたことの一つが、この風邪に対する考え方です。頭痛、咽痛、咳や鼻水などの症状だけではなく、寒気と熱がどう現れているか、汗の状態、食欲、口渇の有無、お小水や便通なども確認します。本当に、細かい症状を確認して処方を使い分けるんです!昔の人の観察力はすごいですよね。そして、生薬を足し引きして、その細かな症状に対応させていくところも素晴らしい!漢方の偉大さに惚れてしまいます♡

先人の知恵を今年も学び、みなさまのお役に立てるようがんばります♪

汗をかいた方が体にいいと思っている人が多いことに驚きます!

風邪で熱がある時に汗をかいたら治るからとものすごく着込んでみたり、健康のためにと岩盤浴やホットヨガに通っている患者さんもいました。確かに運動をして汗をかいたりするとスッキリとしますが、汗をかきすぎると身体の不調を招いてしまうんですよ〜!

 

『傷寒論』という中国古代の臨床医学書の中に、発汗してはいけない人があげられています。のどの渇きがある人、膀胱炎になりやすい人、皮膚が化膿しやすい人、皮膚のトラブルがある人、鼻血や外傷などで出血しやすい人や産後の女性、汗かきの人、冷え性の人です。当てはまりますか?もし、当てはまるのならば汗のかきすぎには注意しないといけません。

発汗が続くと「陰血不足」といって、身体に必要な水分・血液・栄養などが不足してしまうといわれています。また、同時に気(エネルギー)も不足するので、体力の低下、疲労感、筋力の弱り、振るえや痙攣、皮膚トラブルの悪化、不眠や精神不安などが出てきます。長引けば老化も進んでしまうかもしれません💦

 

特に、夏の暑い時期は、汗のかき過ぎに注意が必要です。もし、汗をかいて疲れたと感じたら、ぜひ「生脈散」という漢方薬を試してみてください。漢方薬は長く飲まないと効き目がないと思われていますが、比較的即効性のある漢方薬で、マラソン、ウォーキング、登山、ゴルフ、お子さんのスポーツなど、汗をかく場面に大活躍の漢方薬です。夏は、室内でも料理や家事で汗をかくし、年配の方は、気づかないうちに脱水症状になってしまうこともあります。そのまま飲んでもよし、ペットボトルなどの飲み物に溶かしてもよし、夏の対策に持っていると安心ですよ♪

1

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM