雨が続きますね。ジメジメと湿度も高くなってきて身体だけではなく気分もどんよりしてきませんか?

 

自然界には「六淫(りくいん)の邪」といって人体に悪影響を及ぼす気候変化があります。自然現象には風・寒・暑・湿・燥・熱の6つがあるのですが、1年の中で梅雨に強くなり人体に悪影響を及ぼすのが「湿邪(しつじゃ)」です。

具体的にどのような症状が出るかというと、身体がだるい、頭重感、胃が重い、食欲不振、軟便、便がすっきりでない、尿の出が悪い、むくみ、湿疹、皮膚がジュクジュクしやすいなどです。この時季に悪化するめまい、腰痛や膝痛、頭痛、吐き気などにも関係しています。

みなさん、思い当たる症状はございませんか??私は、湿邪の影響を受けやすいので梅雨は苦手です。うちのスタッフにも苦手な者がいるので、朝のあいさつが「湿度高いね〜。だるいね〜。」なんて日もあります。

なので、オリジナルで「黒豆はとむぎ茶」を作ってしまいました!!黒豆もはとむぎも水の代謝を良くするんですよ。私たちも毎日飲んでいます。ご来店いただいた方にお出ししているので、ぜひお店にお越しの際は試してみてくださいね!美味しいです。

夏の養生と食養生も店頭で配布しています。梅雨時期にオススメの食材なども載せてありますのでお読みください。

 

夏は食欲が落ち、冷たい物や口当たりのよい物に手が伸びがちです。暑くなるとお酒も増えるかな?そのような食事が続くと胃腸を弱らせ、身体の中からも湿邪を発生させてしまいます。この場合は症状が長引き夏バテや秋の不調を招きますので注意してくださいね。

 

フタキ薬局ホームページはこちら…https://kirindou.com


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM