先日、子どもが胃腸炎になりました。胃腸炎は大変ですね!吐いたり下痢が続いたり。子どもたちもかわいそうですし、私たちも看病に加えて洗濯やらで忙しい。

胃腸炎でウイルスなどが原因の場合は、ウイルスが身体の外に出てしまった方が症状が改善するので、無理に吐き気や下痢を止める治療は最近は行われなくなってきます。ただ、続いてしまうと脱水の危険が出てくるので、特にお子さんやご年配の方には注意が必要です。

 

中国には、2000年以上昔に書かれた『傷寒論』という外感病(伝染性の病気)の書物があります。急性の流行性疾患の症状や治療法が載っている書物です。その中にも、お腹の風邪や胃腸炎の症状が記載されています。「中風、発熱し、六七日解せずして、煩し、表裏の証有り、渇して水を飲まんと欲し、水入れば即ち吐する者は、名けて水逆と曰ふ、五苓散之を主る。」という条文があります。

うちの子も、突然嘔吐して、喉が渇き、水を飲んでは吐いていたので、まず五苓散を飲ませてみました。が、改善しません。思い返してみれば、よく食べる子なのに数日前から食欲が落ちていたり、往来寒熱(熱と寒が交互に来る)があったのを思い出しました。邪が表から中へ入り込んでしまっていたんですね!少陽半表半裏証と太陽蓄水証の合病と考え、柴苓湯にしたら改善していきました。

まだ小さい子は自分で症状を訴えることができないので、お母さんが毎日様子をみて変化に気づいてあげることが大切ですね。

 

それに、振り返ると夏の延長で身体を冷やしてきたと反省。トマトが好きなので、身体を冷やすとわかっていながら食卓に出していたり、冷たいお茶を飲ませていたり、以前は気をつけていたのに…。いけませんね。脾(胃腸の消化吸収能力)を冷やして弱らせてしまうと、寒くなってから、風邪を引きやすくなったり、嘔吐や下痢など胃腸炎になりやすくなります。皆さんも気をつけてくださいね。

 

Related Entry

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM