最近注目されている『気象病』。ウィキペディアにはこのように説明されています。

『気象病とは、気象の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患の総称。症状は「天気が悪いと古傷がうずく」といった天気痛のほか、メニエール病、喘息、めまい、うつ病、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、じんましん、吐き気など様々である。』 

雨が降りそうな時や梅雨時期に多いと言われ、気圧の低下により、身体の平衡感覚を主る内耳からの情報と、視覚からの情報とのズレが脳を混乱させているからと西洋医学では考えられています。

東洋医学では、湿度が高い時は『湿邪』という身体に害を及ぼす気候変動があり、それにより不調が現れると考えられてきました。どのような症状が現れるかというと、目に見えるものでは、むくみ、鼻水、痰(喘息)などが。目に見えないものでは、めまい、頭痛、体が重だるい、気力でない、気持ちの落ち込み、吐き気、便がスッキリ出ないなどの症状が出ます。肌トラブルも起こし、水泡を伴うかゆみ、ジュクジュクするなどの症状が出ます。

 

今年は、例年よりも湿邪の影響を受けている患者さんが多くいらっしゃいます。理由は、コロナの影響によりストレスや心配から長い時間をかけ脾胃が弱ってしまったこと。脾胃というのは、今でいう胃腸の消化吸収能力のことで、ここが弱ると湿邪の影響を受けやすくなります。寒暖差も脾胃を弱らせます。そして梅雨になり、毎日続く雨や豪雨の影響と、例年に無いほどの強い湿邪の影響を受けてしまったからだと考えています。

 

「気象病だから仕方ない…」と季節が変わるのを待つより、漢方薬を飲んでみませんか?脾胃を強くすることで湿邪の影響を受けにくくしたり、身体に悪さをしている湿邪を利尿や発汗させることで外に出す漢方薬などがありますよ。

また、患者さんのお話を聞いていると、健康のためによかれと取り入れている習慣が、反って気象病を招いていたということもあります。その辺りのアドバイスもしていますので、お気軽にご相談くださいね!

Related Entry

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM